離婚と雑談

夫の浮気は許す?許さない?迷っている人にチェックして欲しい3つのポイント

投稿日:2018-10-21 更新日:




「浮気なんて許せない」という気持ちを理解してくれる人は沢山いますが、それで「離婚したい」となると、身近な人の答えは分かれます。
たとえば
・子どもにとってそれでいい?
・離婚後の生活はやっていけるの?
・あなたにも原因はなかった?
・もう一度考えて、チャンスをあげたら?
など。

どれも、身近な人に言われてしまうと聞き流せない言葉ですよね。
そうなると「許す」しかなくなってしまうのでしょうか。
そうではありません。
大事なのは、自分で決めることです。
今回は、浮気を許すべきかどうか悩んでいる人に向けて、チェックして欲しい3つのポイントをご紹介します。




そもそも「自分で決める」ことはみんな苦手

子どものころから、私たちは周りの意見を聞いて、いろいろなことを選択しています。

・中学校は受験する?
・高校はどこに行く?
・大学はどうする?

・・・などなど

自分で選択してきたようで、実は親や先生などの意見で決めていることは多いですよね。
そして大人になっても、仕事では「あの上司(あるいは顧客)だったらこうして欲しいはずだ」と、他人を基準にして自分の行動を決めていると思います。
私たちが何となく「自分で決める」ことが苦手なのは、そもそも日常で「自分を基準」にして考えることが、意外に少ないからだと思います。

特に周りを優先してしまう優しい人ほど、自分を基準にして考えることが苦手なようです。




浮気を許すかどうか考える3つのポイント

夫の浮気を許すか許さないか、ここでも周りの意見を大切にしてしまう人がとても多いです。
しかし浮気を許すかどうかは、絶対に自分で決めないといけません。
なぜなら、浮気をした相手を許すことができるのは、最終的に自分しかいないからです。
他の人が許しても、意味がありません。

では、夫の浮気を許すかどうか、自分で決めるにはどうすればいいのでしょうか。
私なりに、浮気を許すかどうかを考えるための3つのポイントをピックアップしてみました。

ポイント1:夫と一緒に居たい気持ちがあるか

浮気を許すことが、「自分が夫と一緒に居たい」という気持ちから導いた答えになっているでしょうか?

これまでしてきた選択は、ほとんど周りが基準だったと思います。
親や上司が喜んでくれる選択をしてくれば、そんなに不幸せな結果にはならなかったでしょう。
でも、夫の浮気は違います。
最終的に許すか許さないかは、自分の心でしか決められません。

周りの意見ではなく、自分に「夫と一緒に居たい」という気持ちが残っているかどうか、この点を大切にして判断するとよいと思います。




ポイント2:夫が本気で反省しているか

 

浮気を許すようアドバイスしてくるのは、親兄弟だけではありません。

浮気をした夫自身も、必死に懇願してくる場合があります。

多くの人が、浮気がばれて妻を失うことの怖さに初めて気が付き、「もう浮気は絶対にしない」「浮気相手とは二度と会わない」と言って反省します。

しかし、いくらその場では反省しても、その気持ちが長続きせず、ほとぼりが冷めれば浮気を再開してしまう人がいます。

中には、妻が優しくすれば安心して浮気をするし、厳しくすれば辛いと言って浮気をするという、どうしようもない人もいます。

さらに悪いのは、そもそも本気で反省していない夫です。

不倫は社会的なイメージダウンを招きますから、誰もが職場や友人に知られたくありません。

そのため、何とかこの場は和解し、浮気が原因で離婚することだけは回避したいと考える場合もあるのです。

また、浮気の慰謝料の請求権は3年で時効消滅します。

妻が動かぬ証拠をもっている場合、とりあえずその権利を行使させないために言いくるめている可能性もあるのです。

「浮気はもうしない」という言葉が、妻の感情を一時的に押さえこむためのものでないか、冷静になって、夫の言動をよく観察する必要があります。

本当に浮気をやめる覚悟があれば、あなたの信頼を得るために、具体的な行動を示してくれるはずです。

仕事が終わったらまっすぐ帰ってくる、お金の管理を明確にしてくれる、休日は家族と過ごしてくれる等々。

こうした行動が伴っているかを踏まえて、心から反省しているか見極めましょう。




ポイント3:不安な気持ちを理解してくれるか

 

浮気は、した方にすれば時間の経過とともに過去のものとなりますが、された方にしてみれば、不信感という暗い感情を心に植え付けられ、ずっとその感情と戦わされることになります。

たとえば、浮気の発覚から1年や2年経っても何かの拍子に不安になってしまい、心配して夫を問いただしたり、責めたりしてしまうということがあります。

この時、夫が妻の不安な気持ちを受け止め、話を聞いてくれるかどうかは非常に重要です。

不必要に夫を責め続けることは関係修復の上でいいとは言えませんが、それでも話を聞いてくれるということは、反省の気持ちをもってくれているということでもあります。

これに対して、しつこいと言わんばかりに逆ギレする夫は要注意です。

そもそも逆ギレするということは、そこに被害感情があるといえます。

自分の行為をねじまがった角度から正当化し、妻にも責任の一端があると考えている可能性があります。

このような考えを夫がもっていれば、その先、妻は夫を責めないという自制心をもちながら、自分の心のキズを癒していかなければなりません。

信じて何も言わないことも大切なのですが、その信じるための苦労をこの夫は理解できないわけですから、妻が立ち直るには相当のパワーが必要になります。




夫の浮気は許す?許さない?迷っている人にチェックして欲しい3つのポイント

浮気を許すかどうかは、「自分で決める」ことが大切です。

そして自分で決めるには、

・夫と一緒に居たい気持ちがあるか

・夫が本気で反省しているか

・夫が不安な気持ちを理解してくれるか

この3つが大切だと私は思っています。

今回は、「浮気を許す=離婚しない」という話でしたが、本当の意味で浮気を許すために大切なのは、ポイント3の「夫が不安な気持ちを理解してくれるか」というところだと思います。

信頼は崩れるのは一瞬なのに、それを修復するのは非常に時間がかかるものです。
そのことを理解して心を支えてくれる夫であれば、将来「あの時、離婚しなくて本当によかった」と思える時が来るのではないでしょうか。

 







-離婚と雑談
-

関連記事

離婚してもやっていける人の5つの条件

離婚して1人で生活するには、経済力や精神的な強さが求められます。 今回は、離婚してもやっていける人の条件5つを私なりにまとめてみました(`・ω・´) この記事には以下の内容が書いてあります。1 手に職 …

離婚相談をしたい!でもどこに?離婚相談先の一覧

「離婚について相談したい…」そんな時、一体どこに相談したらよいのでしょうか。 今回は、離婚相談の窓口となる専門家を紹介します。 この記事には以下の内容が書いてあります。1 弁護士2 行政書士3 司法書 …

性格の不一致で離婚できる?周囲から反対されても離婚したい人へ

夫婦の問題はなかなか他人にはわかりません。 「そんな優しい人と別れるなんて、もったいない」親や友人にそう言われると次の言葉が浮かばず、1人で悩みを抱えることもあるでしょう。 しかし、一見優しく見える夫 …




カテゴリー別 記事一覧

このブログを書いている人

このブログを書いているひと

田舎FP・いしだ
田舎暮らしのファイナンシャルプランナーです。
自身の離婚経験から、離婚とお金の悩みを解決できる、そしてちょっとだけ心が強くなれるブログをめざしていますφ(. . )
プロフィールはこちら。ご相談やライターのご依頼は、お問合せフォームよりご連絡くださいまし。

サイドバートップ