離婚と社会保険

離婚後の健康保険の手続きを5パターンに分けて解説

投稿日:2018-07-15 更新日:

離婚後は、多くの人が医療保険(健康保険や国民年金保険)について手続きをしなければなりません。

ただし、どのような手続きが必要かは、離婚前の夫婦の加入状況で変わります。

特に相手の扶養に入っていた人は、離婚後に定められた期日までに手続きをしなければ、医療費が全額自己負担になることもあるのです。

今回は、離婚後の医療保険(健康保険や国民年金保険)の手続きを、離婚前の加入状況別に5パターンの手続きに分けて解説します。

離婚前の加入状況を健康保険証で知る

離婚後の医療保険(健康保険や国民年金保険)の手続きを知るには離婚前の夫婦の加入状況を明確に把握することが不可欠です。

医療保険(健康保険や国民健康保険)の加入状況は、必ず下記ア~ウのどれかに該当します。

ア.勤め先の健康保険に加入している人

イ.アの被扶養者として、その健康保険に加入している人

ウ.国民健康保険に加入している人

夫がアで妻がイの場合もあれば、妻がアで夫がウ、両方ともウなど様々な場合があります。

てっとり早く確認したい時は、それぞれの健康保険証を見て下さい。

勤め先の名称が記載されている保険証であればアやイ、市町村などが発行した国民健康保険証と記載されていればウです。

ア~ウのそれぞれの内容や加入要件を知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

あなたはどの医療保険?医療保険(健康保険・国民健康保険)の内容と加入要件を知る




離婚後の医療保険(健康保険・国民健康保険)の手続き5パターン

まず、医療保険(健康保険、国民健康保険)の加入状況を以下のA~Dの4つに分類します。

分類 加入状況 具体例
A 勤め先の健康保険に加入している人 会社員、公務員、法人の役員など
B 被扶養者として健康保険に加入している人 収入の少ない自営業者、無職など
C 被扶養者として健康保険に加入している人 収入の少ない勤め人
D 国民健康保険 収入の多いパート従業員、収入の多い自営業者など

加入状況は、「勤め先の健康保険に加入している人」、「その被扶養者として健康保険に加入している人」、「国民健康保険に加入している人」の3つですが、今回は「被扶養者として健康保険に加入している人」をさらに2つに分けた、計4つの分類で解説します。

A~Dの分類に基づく離婚後の医療保険(健康保険、国民健康保険)の手続き5パターンはこちらです。

パターン番号 あなた 配偶者 離婚後の手続き
A A、D 勤め先の健康保険を継続
A B、C 勤め先の健康保険を継続
配偶者の資格喪失の手続き
B A 国民健康保険への加入
C A ・国民健康保険に加入
・勤め先の健康保険に加入
D A、D 国民健康保険の世帯変更



パターン1 共働き夫婦の場合(相手を扶養していない場合)

健康保険に関しては、特に手続きは必要ありません。

ただし、給与関係で変動する部分があります。

家族手当や源泉所得税額、そして年末調整に関する異動事項です。

したがって離婚したことは速やかに総務担当に報告し、扶養控除申告書を提出し直す必要があります。

給与計算に影響しないよう会社に早めに報告する

このパターンの夫婦については、保険が途切れてしまう心配はありません。

注意したいのは、家族手当をもらっていた人です。

この場合、会社の給与計算が変わるため、早く会社に報告しましょう。

当たり前ですが、給与は支給日に計算しているわけではありません。

大体、支給日の3営業日前には銀行に総合振込の手続きを行わなければならず、その手続の前には当然、経理責任者の決裁が必要です。

さらに、小規模な事業所では、給与計算を外部の会計事務所に委託している場合があります。

その場合、総合振込手続きの5日~1週間前には、給与関係の資料が全て移送されるため、タイムスケジュールはさらにタイトです。

離婚により家族手当の支給がなくなれば、源泉所得税と雇用保険料の計算額が変わり、支給額も当然変わってしまいます。

明細書を印字して手渡しする事業所であれば、さらにため息ものです。

離婚に関することは、会社としてもとやかく言いたくないもの。

会社への迷惑は必要最小限にし、円滑な関係を維持できるようにしましょう。




パターン2 自分が扶養していた場合

勤め先を通じて健康保険の保険者に、扶養関係がなくなった旨を報告しなければなりません。

また元配偶者らが持つ会社の健康保険証も、勤め先に返却しますので、忘れずに回収しておきましょう。

それにより、勤め先を通じて健康保険の保険者から、「社会保険資格喪失証明書」が発行されます。

この証明書は、元配偶者が国民健康保険に加入するために市町村等に提出しなければならない書類です。

要注意!社会保険資格喪失証明書は元配偶者に即送ること

国民健康保険の加入手続きは、資格喪失日から14日以内に行うことが原則ですが、14日を過ぎても加入手続きはできます。

しかも保険資格は資格喪失日にさかのぼって与えられるため、手続きさえすれば、無保険の期間をつくることはないのです。

しかし、14日を過ぎて手続きをすると、保険給付の対象手続きの後となってしまいます。

つまり、手続きまでに10割負担した医療費がある場合、14日を過ぎて手続きをした人については、本来負担するはずのなかった7割の医療費は戻ってこないのです。

さかのぼって保険給付は行われません。

かのぼれるのは保険資格の開始日だけです。

したがって、遅れて手続きをすると、保険料は保険資格の開始までさかのぼって徴収されるのに、手続きまでの間の給付はしないということなのです。

もし社会保険資格喪失証明書の発行が遅れ、前配偶者がその間に医療機関を受診した場合、「あなたの手続きが遅いから医療費を10割を負担させられた」「7割分払ってよ!」なんてトラブルになります。

逆に14日以内に手続きをすれば、一時的に10割負担をしても、余分に支払った7割分は返してもらえます。

このようなトラブルを回避するための策を、3つご紹介します。

トラブル回避策①離婚が成立する前に職場に報告しておく

離婚が決まったら、早い段階で総務担当者に報告しておきましょう。

ポイントは、離婚するということだけを伝えるのではなく、「トラブル回避のために、相手に14日以内に国民健康保険の手続きをさせたい」と伝えることです。

総務担当者は、14日を超えても加入手続き自体には支障がないことは知っています。

そして、離婚というトラブルになりやすい背景があるのはあくまで個人の事情です。

そのため、離婚するとだけ聞いても、それで早めに手続きをしてくれることはありません。

したがって、医療費を巡ってトラブルになったら困るということを離婚前にしっかり伝え、離婚後はすぐに手続きをしてもらえるよう、担当者に根回しをしておくことが大切です。

トラブル回避策②元配偶者の市町村に必要書類を確認する

市町村によっては、社会保険資格喪失証明書を加入手続きに必要としない場合もあるようです。

発行が遅れそうなことがわかれば、元配偶者が加入申請をする市役所の国民健康保険の担当者に電話をかけ、事情を説明してみましょう。

もし必要ないことがわかれば、元配偶者に伝え、14日以内に手続きをするよう教えてあげて下さい。

トラブル回避策③速達、配達記録、直接手渡しも検討する

ここはギリギリの対策ですが、もし12日目や13日目に発行されれば、速達と配達記録を利用し確実に郵送しましょう。

14日以内に手続きができる時間内に、必要書類を届けることが責任です。

場合によっては、相手と市役所で待ち合わせをし、直接届けてあげることも必要になるかも知れません。

何万円もかかる医療費を巡って後にトラブルになるよりはマシでしょう。




パターン3 相手に扶養されていた場合(自身は自営業か無職)

新たに国民健康保険に加入しなければなりません。

元配偶者の職場から発行される「社会保険資格喪失証明書」を郵送してもらうなどして入手し、それをもって市町村の窓口に加入申請を行います。

身分証明書や印鑑等も必要になるため、必要な物は必ず申請先の役所に事前に確認しておきましょう。

なお、国民年金の加入手続き、マイナンバーカード(又は通知カード)の記載内容の変更、ひとり親の手当金の申請も忘れずに行いましょう。

加入手続は14日以内に

国民健康保険の加入手続は、14日以内に済ませるルールですが、超えても手続きはしてくれます。

超えた場合は「社会保険資格喪失証明書」に記載された資格喪失日にさかのぼって、加入するため、保険料はその日から発生します。

ただし、もし手続き前に医療機関を受診すると、その場合は窓口に10割負担の金額を支払うことになります。

資格喪失日から14日以内に加入手続きを済ませれば、それまでの医療費は自己負担額を超えた部分を返還してもらえます。

ただし、資格喪失日から14日を過ぎて手続きした場合は、手続き後の分しか支給対象にならないため、それまでの10割負担は全額自己負担のままです。

保険料が返還されるかどうかは、大東市のHPの説明がシンプルでわかりやすかったので、掲載させていただきます。

大東市HP:国民健康保険への加入手続きが遅れると

もし手続きをしたいけれど書類が届かないなどの場合は、申請先の役所に一度相談して下さい。

ちなみに、手続きをしてもその場で健康保険証はすぐに発行されません。

代わりに、一時的に使用できる証明書(A5サイズくらいのペーパー)が即日で交付されます。

手続きをした日から健康保険証が自宅に届くまでの間は、そのペーパーが健康保険証の代わりです。

医療機関を受診する際には、忘れずに持っていきましょう。




パターン4 相手に扶養されていた場合(自身も勤め人)

この場合も、新たに国民健康保険に加入が必要です。

ただし配偶者の扶養に入るために、勤務時間や収入を抑えて働いていた場合もあるでしょう。

この場合は勤め先と相談し、まずは勤め先の健康保険への加入を検討して下さい。

(もし国民健康保険に加入する場合は、パターン3も合わせてご覧下さい。)

勤め先の健康保険に加入すべき理由とは

理由は、

・厚生年金保険に加入できること

・保険料の折半が受けられること

・傷病手当金と出産手当金が受けられること

の3つです。

勤め先の健康保険に加入すれば、同時に厚生年金に加入できます。

厚生年金に加入すれば、老後の保障を手厚くすることが可能です。

さらに保険料は、健康保険料とともに保険料を勤め先が折半してくれます。

また、勤め先の健康保険からは傷病手当金と出産手当金の支給が行われます。

傷病手当金と出産手当金とは、病気やケガ、出産で勤め先から給与がでない間、平均日給の3分の2ほどが保険から支給される心強い所得補償です。

国民健康保険の場合、この傷病手当金と出産手当金はありません。

自治体での任意支給となります。

このように、勤め先の健康保険に加入すれば、様々な生活の安心材料を増やすことができるます。まずは勤め先に相談し、勤め先の社会保険に加入できるよう話を進めてみて下さい。

もし叶わなければ、社会保険に入れる環境に転職するのもありです。




パターン5 相手に扶養されていなかった場合(国民健康保険の被保険者)

勤め先の健康保険の加入要件には該当しないけれど収入が多い人、自営業で収入が多い人は、もともと国民健康保険の被保険者となります。

この収入が多いとは、年間の収入が130万円以上であること(60歳以上や所定の障がいがある人は180万円以上)のことです。

国民健康保険は世帯加入です。

したがって、離婚によって世帯が変わったことを届け出る手続きを行います。

なお、医師国保など国民健康保険組合の加入手続は、医師会など独自の窓口で、市町村では手続きができません。

世帯と人員と保険料の関係

国民健康保険料は、世帯ごとにかかる世帯割、世帯人員ごとにかかる均等割、世帯の収入に応じて変わる所得割などの合計額です。

したがって、親などの国民健康保険世帯に入れば世帯割はかかりませんし、子どもを前配偶者の扶養にいれたままにすれば均等割も減ります。

しかしこれらにはデメリットもあるので、よく検討して下さい。




無保険にならないために|離婚後の医療保険(健康保険・国民健康保険)の手続き5パターンを解説 まとめ

離婚後の医療保険(健康保険、国民健康保険)の手続きをパターン別に解説しました。

お役に立てば幸いです。

離婚してもやっていける人の5つの条件







-離婚と社会保険
-

関連記事

退職後の離婚で国保税・住民税で困らないための3つの解決方法

退職後から約1年以内でスピード離婚をするときは、国保と住民税の負担率が異常に高くなり、離婚後の生活を圧迫します。 どのくらいの負担がかかるかは、こちらをご覧ください。 退職後のスピード離婚が危険すぎる …

離婚してもやっていける人の5つの条件

離婚して1人で生活するには、経済力や精神的な強さが求められます。 今回は、離婚してもやっていける人の条件5つを私なりにまとめてみました(`・ω・´) この記事には以下の内容が書いてあります。1 手に職 …

あなたはどの医療保険?医療保険(健康保険・国民健康保険)の内容と加入要件を知る

離婚後の医療保険(健康保険・国民健康保険)の手続きを知るには、まず現在の加入状況を正しく知ることが大切です。 今回は、医療保険(健康保険・国民健康保険)について、加入状況別に要件を解説します。 &nb …

年金分割の仕組みと手続き

平成19年を境に、妻が60歳以上の離婚(いわゆる熟年離婚)の割合は、上昇傾向にあります。 その理由の一つと考えられるのが、平成19年に開始された「年金分割」という制度です。 人生100年時代と言われる …

退職後のスピード離婚が危険すぎる理由

離婚後の生活でお金に困ると、せっかくの決意で新たな後悔に変わってしまいます。 特に、離婚と退職時期が近い場合は注意が必要です。 今回は、お金で後悔する新婚夫婦の危険なスピード離婚をご紹介します。 実際 …




カテゴリー別 記事一覧

このブログを書いている人

このブログを書いているひと

田舎FP・いしだ
田舎暮らしのファイナンシャルプランナーです。
自身の離婚経験から、離婚とお金の悩みを解決できる、そしてちょっとだけ心が強くなれるブログをめざしていますφ(. . )
プロフィールはこちら。ご相談やライターのご依頼は、お問合せフォームよりご連絡くださいまし。

サイドバートップ