離婚と社会保険

退職後のスピード離婚が危険すぎる理由

投稿日:2018-07-17 更新日:




離婚後の生活でお金に困ると、せっかくの決意で新たな後悔に変わってしまいます。

特に、離婚と退職時期が近い場合は注意が必要です。

今回は、お金で後悔する新婚夫婦の危険なスピード離婚をご紹介します。

実際に私がはまったものです。要注意ですよ!!




新婚でも離婚して良い

女性の再婚期間には制限がありますが、離婚はいつでも構いません。
かつては新婚旅行から帰って来たばかりで離婚することが成田離婚と呼ばれるなど、スピード離婚が話題となりました。

早期に離婚するメリットは、再出発が早くできることにあります。
離婚をためらえば、その分年齡を重ねてしまい、再婚のチャンスも少なくなるでしょう。
また、我慢して結婚生活を続けるうちに子どもが生まれれば、今度は子どもの将来のことや周囲の反対が気になり、さらに離婚に踏み切れなくなります。
こうした可能性を考えれば、早期に離婚することは決して悪いことではないのです。




新婚夫婦の危険なスピード離婚

さてメリットもある新婚夫婦のスピード離婚ですが、注意したいことがあります。
それは退職後、概ね1年以内のスピード離婚です。

具体例で説明します。

結婚して、専業主婦になったA子さんがいたとしましょう。

A子さんが退職した月を、仮にX2年3月末と表現します。

愛する夫のため専業主婦となり、楽しい新婚生活を想像していたA子さん。
ところが結婚してみると、ちっとも楽しくありません。
「こんなことなら、1人で働いて生きていった方がマシ!」A子さんはそう考えて、夫に離婚を切り出します。
そして、半年後のX2年9月末に離婚が成立し、わずか半年の新婚生活を終えました。
とにかく早く再就職しなければ生活が大変…A子さんはそう考えて、とりあえずアパートで1人暮らしを始めました。
ところが、収入の無いA子さんに容赦なく降りかかる出費があります。
それが、国民健康保険料と住民税です。

離婚後の国民健康保険料はいくらかかる?

国民健康保険とは、主に無職や自営業者が加入する自治体による医療保険です。
A子さんは元夫の勤め先の健康保険に加入していたため、離婚後は、再就職するまで国民健康保険に加入しなければなりません。

健康保険のしくみを確認したい方は、こちらの記事もご覧下さい。

あなたはどの医療保険?医療保険(健康保険・国民健康保険)の内容と加入要件を知る

さて、国民健康保険料がいくらになるかというと、国民健康保険料は
・所得割
・均等割
・平等割
の3つで主に計算されます。
所得割とは、世帯の前年の合計所得金額から33万円を控除し、それに自治体独自の健康保険料率を掛けて計算します。
均等割とは、世帯員1人あたりに発生する金額です。
自治体によっては0円のところもありますが、1人あたり2万円~3万円ほどかかります。
平等割とは、1世帯に対し発生する固定の金額で、世帯員の人数は関係ありません。
平等割の金額も自治体により異なりますが、1万円~3万円ほどのところが多いようです。

一部地域ではさらに資産割というものも発生しますが、固定資産(家や土地、分譲マンションなどの不動産)を持たない人には関係ありません。

さて、この所得割、均等割、平等割ですが、厄介なのは所得割です。
自治体ごとに所得割の保険料率は異なりますが、だいたい前年の合計所得金額の10%~12%ほどになります。

もしA子さんが結婚する前のX1年に、400万円の年収を得ていたとしましょう。
この場合A子さんの前年の合計所得金額は、266万円(400万円から給与所得控除額134万円を差し引いた額)です。
ここまでは所得税の給与所得の計算方法と同じになります。
国民健康保険料の計算では、この266万円から33万円を控除し、それに保険料率を掛けます。
仮に保険料率を12%と仮定して計算すると、A子さんの年間保険料は27万9,600円。

そして国民健康保険料は、4月から翌年3月までの1年度を計算単位とします。
A子さんが国民健康保険に加入するのは離婚後の10月からなので、健康保険料が発生するのは、10月から翌年3月までの6ヶ月分、つまり年額の半分です。
したがって、27万9,600円✕6ヶ月分/12ヶ月分で、A子さんの所得割は13万9,800円になります。
(本当なら平等割と均等割も6ヶ月分ずつ足されますが、今回は無視します)

ちなみに国民健康保険料の計算単位は、4月から翌年3月までですが、徴収は、6月末から3月末の計10期の分割納付です。
月額納付よりも10期の分割の方が、納付合計額は同じでも、徴収が開始されてからの1ヶ月あたりの徴収額の負担が重く感じられるのも辛いところになります。




住民税はいくらかかる?

住民税は、前年の合計所得金額から所得控除を差し引いた額の10%です。
年収400万円で、社会保険料控除を仮に60万円とした場合、住民税の金額は概算で(266万円-60万円-33万円)✕10%=17万3,000円です。
無職の人がこれを自分で納める場合は、普通徴収といって、6月末、8月末、10月末、翌年1月末の計4回の納期限に分けられた納付書で納付します。
A子さんは9月末に離婚したため、あと2回分の支払い(10月末、翌年1月末)が残っているとすると、さきほどの健康保険料に加えて、17万3,000円✕2回分/4回分=8万6,500円の支払いが残っています。

退職後の早期離婚は危険

退職前に400万円の収入があったA子さんが、離婚後に支払う国民健康保険料と住民税の金額の概算は、
・国民健康保険料 13万9,800円(納期限X3年3月まで)
・住民税 8万6,500円(納期限X3年1月まで)
です。
A子さんは無収入ですから、当然、預貯金を切り崩して納付することになります。

その上、自身の生活費がかかるため、半年もしないうちに100万円程度はあっという間に消えてしまうのです。




退職後のスピード離婚が危険すぎる理由 まとめ

このように退職後にスピード離婚すると、収入がなくても多額の支払いを課せられることがあります。

こうならないための解決方法をまとめてみたので、ぜひこちらもご覧下さい!

退職後の離婚で国保税・住民税で困らないための3つの解決方法







-離婚と社会保険
-,

関連記事

年金分割の仕組みと手続き

平成19年を境に、妻が60歳以上の離婚(いわゆる熟年離婚)の割合は、上昇傾向にあります。 その理由の一つと考えられるのが、平成19年に開始された「年金分割」という制度です。 人生100年時代と言われる …

離婚してもやっていける人の5つの条件

離婚して1人で生活するには、経済力や精神的な強さが求められます。 今回は、離婚してもやっていける人の条件5つを私なりにまとめてみました(`・ω・´) 必須ではありませんが、参考になれば幸いです。 この …

あなたはどの医療保険?医療保険(健康保険・国民健康保険)の内容と加入要件を知る

離婚後の医療保険(健康保険・国民健康保険)の手続きを知るには、まず現在の加入状況を正しく知ることが大切です。 今回は、医療保険(健康保険・国民健康保険)について、加入状況別に要件を解説します。 &nb …

離婚後の健康保険の手続きを5パターンに分けて解説

離婚後は、多くの人が医療保険(健康保険や国民年金保険)について手続きをしなければなりません。 ただし、どのような手続きが必要かは、離婚前の夫婦の加入状況で変わります。 特に相手の扶養に入っていた人は、 …

退職後の離婚で国保税・住民税で困らないための3つの解決方法

退職後から約1年以内でスピード離婚をするときは、国保と住民税の負担率が異常に高くなり、離婚後の生活を圧迫します。 どのくらいの負担がかかるかは、こちらをご覧ください。 退職後のスピード離婚が危険すぎる …




カテゴリー別 記事一覧

このブログを書いている人

このブログを書いているひと

田舎FP・いしだ
田舎暮らしのファイナンシャルプランナーです。
自身の離婚経験から、離婚とお金の悩みを解決できる、そしてちょっとだけ心が強くなれるブログをめざしていますφ(. . )
プロフィールはこちら。ご相談やライターのご依頼は、お問合せフォームよりご連絡くださいまし。

サイドバートップ