離婚と子ども

児童手当の金額や支給月は?変更手続きで受給額がアップすることも!

投稿日:2018-09-13 更新日:




児童手当について詳しく知りたい方に向けて、今回は

・児童手当の金額

・児童手当の支給月

・離婚後の変更手続きで受給額がアップする理由

を解説します。




児童手当とは

児童手当(旧・子ども手当)とは、子育てを支援するために自治体から支払われる手当です。

中学生以下のお子さんがいるどの家庭にも支給されています。

児童手当の窓口は自治体(公務員の場合は職場)ですが、もとは国の制度です。

したがって、全国どの地域でも同じ金額・同じ基準で支給されます。

児童手当の金額

児童手当の支給額は、

・年齢

・子の人数

・親の所得

で変わります。

具体的には、下記の表のとおりです。

支給対象児童 児童1人あたりの支給月額 所得制限額を超える場合(特別支給)
0歳~3歳未満 月額15,000円 月額5,000円
3歳~小学校終了前 月額10,000円 月額5,000円
(第3子から15,000円)
中学生 月額10,000円 月額5,000円

 

児童手当は誰に支給される?

両親がいる場合、児童手当は所得が高い方の親に支給されます。

理由は、一般的には所得が高い方が、「児童の生計を維持する程度が高い」と考えられるためです。

児童手当は何月に支給されるの?

児童手当の支給月は年3回で、支給月の前4ヶ月分が振り込まれます。

具体的な支給額は

・6月・・・2月分~5月分

・10月・・・6月分~9月分

・翌年2月・・・10月分~翌年1月分

となります。

年に1回(毎年6月)に市役所(公務員は職場)に提出する「現況届」により、支給が継続される仕組みです。

所得制限額とは

「所得制限額」とは、児童手当の支給額を決める基準です。

平成24年から新しく設けられた基準になります。

所得制限額を超える受給者については、通常の児童手当は支給されず、「特別支給」という名目で、児童1人につき一律5,000円が支給されます。

「所得制限額」は、次のとおりです。

扶養親族等の数 所得制限を受ける所得額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

参照データ:厚生労働省「児童手当Q&A」

所得制限額は、「児童手当を支給する人の所得」が、その扶養する親族の人数に応じた制限額を超えるかどうかで判定されます。

世帯の合計所得ではありません。

この表について

・「扶養親族等の数」って何?

・所得ってそもそも何?

・扶養親族等が0人なのに所得制限があるってどういうこと?

という疑問については、別の記事でお伝えします!




離婚後の変更手続きで受給額が増えることがある

所得制限額を超えた場合の児童手当は、子ども1人あたり一律5,000円です。

所得制限額は、児童手当を受給する個人の所得で判断されます。

例えば、

・夫 所得700万円

・妻 収入なし

・子1人(2歳)

の世帯の場合、児童手当は夫に支給されます。

この場合、扶養親族等が2名(妻・子)です。

扶養親族等が2名の場合の児童手当の所得制限額は、698万円となります。

したがって夫が受け取る児童手当は、月額5,000円、年間60,000円です。

ところが、離婚して児童手当の受給者を変更すると、次の支給額からは、新しい受給者の所得を基準に支給されます。

先ほどの例で、妻が子を連れて実家に戻ったとします。

そうすると、妻が新しく児童手当の受給者となりますので、妻の収入で支給額が判定されるのです。

妻は収入がないため、正規の児童手当の金額を受けることができます。

この場合は、月額15,000円、年間180,000円です。

手続きさえすれば、受け取れる額が3倍も変わるのですから、絶対に行っておくべきです。

手続きについては、こちらの記事で解説しています。

別居中の夫から児童手当をもらいたい!児童手当の変更手続きを行う方法と注意点

なお、所得制限を受けるかどうかは、正確に言うと

・前年あるいは前々年の所得

・児童手当独自の所得金額

・児童手当独自の扶養親族の数

の3つの要素から判定されます。




児童手当の支給が終わった後は?

児童手当の支給は、15歳を迎えた後の最初の3月31日で終わります。

学年で言うと中学校卒業までです。

15歳で児童手当はなくなりますが、その代わり、16歳から所得税の扶養控除がつかえるようになるため、節税でカバーできるようになります。

扶養控除は12月31日時点で16歳を迎えている親族が対象です。

このことから、早生まれのお子さん(1月1日~3月31日)の場合、1年だけ扶養控除の適用が遅くなってしまいます。

ところで、この扶養控除については、養育費を支払う元配偶者にも権利があります。

もし勘違いや感情のもつれなどから、両親がともに扶養控除を適用すると、税務署や役所から連絡を受けるはめになります。

扶養控除の対象となるお子さんがいる場合は、離婚前にぜひ一度お読みください!

離婚して子と別れた親は扶養控除を申告できる?重複した時はどうすればいい?




児童手当の金額や支給月は?変更手続きで受給額がアップすることも! まとめ

児童手当の金額、児童手当の支給月、変更手続きで受給額がアップする理由などについて解説しました。

 







-離婚と子ども
-,

関連記事

離婚して子と別れた親は扶養控除を申告できる?重複した時はどうすればいい?

離婚して子と別れた親でも扶養控除を申告できるのでしょうか。 もし別れて暮らす元夫が、あなたと暮らす子どもの扶養控除を勝手に申告した場合、税務署から扶養が重複している旨の通知(扶養是正の通知)が届き、修 …

子どもの歯科矯正には還付金がある?医療費控除を使いこなそう!

お子さんの歯ならびは、親御さんにとって大切な問題です。 ところが歯科矯正の費用は高額かつ自由診療(全額自己負担しなければならない診療費)であるため、その金額は数十万円にものぼります。 共働きでも、この …

監護者を選定するメリットと注意点

  親権者と監護権を分けることには、親、子どもにそれぞれメリットがあると考えられます。 それぞれのメリットについて見ていきましょう。 監護者の制度についてお調べの方は、まずはこちらをご覧くだ …

別居中の夫から児童手当をもらいたい!児童手当の変更手続きを行う方法と注意点

離婚するために、お子さんを連れて別居すると 「あれ?パパが児童手当もらってるよね?」 「児童手当、渡してくれないんだけど・・・」 となるケースが多いようです。 が、そんなことは許されません。 児童手当 …

監護者の指定はどのくらい行われているの?

「子どもと一緒に暮らしたい」「一緒に暮らせなくても、親子の繋がりを失いたくない」 様々な事情から、離婚後に子どもの親権を手にしたいと考える親は多いでしょう。 子どもと一緒に暮らすには「監護者」になると …




カテゴリー別 記事一覧

このブログを書いている人

このブログを書いているひと

田舎FP・いしだ
田舎暮らしのファイナンシャルプランナーです。
自身の離婚経験から、離婚とお金の悩みを解決できる、そしてちょっとだけ心が強くなれるブログをめざしていますφ(. . )
プロフィールはこちら。ご相談やライターのご依頼は、お問合せフォームよりご連絡くださいまし。

サイドバートップ